トップメイン

Topics

稀勢の里、初優勝と横綱昇進、本当におめでとう!

稀勢の里、初優勝と横綱昇進、本当におめでとう!

亡くなられた親方も天国で喜んでいることと思います。

私の地元である茨城県竜ヶ崎市・牛久市出身ですので、稀勢の里が17才の時から皆で応援してきました(^-^)/

ぜひ、横綱として大成して貰いたい\(^o^)/

【どうなる異常事態の日本】

トランプがどんな対日政策を採るか?より、異常事態にある今の日本の現状の方がはるかに深刻で心配です。

①【20年前国民の平均収入世界第1位に】
20年前日本はGDP世界第二位の経済大国となり、人口一億人を超える国で初めて国民1人当たりのGDPが世界一となりました。

国民の平均収入が世界一となり、正に一億総中流という、世界中が羨む社会を実現しました。

GDPの65%を占めるこの一億人の旺盛な個人消費力こそ、日本の国力・経済力の源泉でした。

②【平均収入27位に大転落↓↓↓】
しかし、この20年間日本は名目GDPが全く伸びないどころか、ドンドン経済規模が収縮し続け、国民の収入も減り続けています。

20年以上もこんな異常な事態にある国は、世界で日本1カ国だけ。

世界第1位であった国民1人当たりGDPも、今や27位に転落し、先進30ヵ国中最低レベルに。

③【のび太日本とジャイアン米国・ジャイ子中国の体力を比較?】
この結果、20年前日本の1.5倍に過ぎなかったアメリカのGDP・経済規模は、今や日本の3.6倍にもなりました。
今やジャイアン(アメリカ)は、のび太(日本)の身長・体重の約4倍もの巨人に。

また20年前我が国の僅か8分の1でしかなかった中国のGDPは、今や日本の2倍にもなってしまいました。

乳飲み子だったジャイ子(中国)の身長・体重は、今やのび太(日本)の2倍にも。

そして2倍速4倍速のアメリカ・中国とスローモーションの日本との差は、ますますひらくばかりです。

ジャパン・アズ・No.1や日米経済摩擦など遠い昔のおとぎ話で、アメリカは今や日本など眼中になく、いつでも巨額資金を融通したり、何でもやってくれる便利屋扱いというのが実話です。

また昨年末麻生大臣が中国の経済が心配だと発言していましたが、20年間も全く経済成長していない国の財務大臣が、この20年間毎年7%近い経済成長を続けている国に対して何を言っているのやら。余りにもズレた発言に中国人や世界中が嘲笑。

④【年収200万以下が4割・貧富の差がドンドン拡大】
いま日本は働く人達の4割もが、年収200万円以下の明日をも知れぬ契約社員となり、貧富の差がドンドン拡がっています。

住宅ローンはもちろん、車のローンも組めません。結婚もできません。

進学など、私たちの親の世代が私たちにしてくれたことを、子供たちにしてあげられない家庭がどんどん増え、貧富の差が世代を超えて拡大する事態に。

⑤【米国では貧富の差を拡大させるグローバリズムに怒り爆発】
一方、世界一の経済大国であるアメリカでは、グローバリズムによるアメリカ大企業の利益が、少数の大金持ちの利益にしかならず、貧富の差がドンドン拡大するだけであることに多数のアメリカ国民が気が付き、怒りと不満が大爆発。

変革を求めてトランプが大勝利。

⑥【日本にはグローバリズムに対抗勢力なし】
しかし、日本の貧富の差の拡大はこのアメリカ以上に深刻です。

しかも、日本では与野党の政治家も官僚も経済人も、アメリカのグローバリズムに浸りきった勢力が中枢を占めているため、日本にはこれに対抗できる勢力もトランプもおらず、アメリカ以上に悲惨な閉塞状況にあります。

【日本は今も昔も超大国だ】~蘇れ不死鳥日本~

①【国土は独・英・伊より広い】

日本の国土面積は、38万k㎡で小学校の時から小さいと教えられてきたことから、日本は東洋の小国というイメージをかなりの方が持っていると思います。

しかし、地球儀で日本をヨーロッパに平行移動してみると、日本の面積は、あの東西合併したドイツやイギリス、イタリアよりも広いのです。

【人口は仏・伊の2倍、独の1.5倍】
また1億2700万人という人口も、世界192カ国中第10位で、ドイツの1.5倍、フランス・イタリアの2倍もあります。

【GDPは英+仏+伊より大きい】
経済の規模を示すGDPも日本は、イギリス、フランス、イタリアの3か国を足したより大きいのです。

また1700兆円もの世界一の国民金融資産を持っています。

ここ20年間も経済成長ゼロでも未だに世界第三位のGDP。

もし、ヨーロッパに日本があったとしたら、とてつもない超大国なのです。

②【室町時代世界一の黄金の国】

歴史的に見ても、14世紀に足利義満が金閣寺を建てた頃、金の産出量が世界一で、世界一の経済力を持っていました。

マルコ・ポーロが言った様に正に『黄金の国ジパング』だったのです。

③【信長の時、軍事力は今のアメリカに匹敵】

また、軍事的に見ても、15世紀末戦国時代の末期、信長・秀吉・家康の頃、我が国は世界一大砲や鉄砲を大量に保有し、それを造れる技術力・生産力・経済力を持っていました。

また、兵士の数も世界有数であり、今のアメリカのような超軍事大国でした。

【秀吉、明に勝算あり】
秀吉が明に攻めこもうとしたのも、客観的に見て戦力的な裏付けがあったからです。

もし天才信長が生きていたら、間違いなく明を占領していたと思います。

【日清・日露戦争の勝因】
日本が1894年長くアジアの覇権を保持し眠れる獅子と欧米列強からも恐れられた清に勝ち、1904年世界一の陸軍と世界四位の海軍と言われたロシアに勝てたのもこうした歴史的背景や様々な蓄積があったからです。

【ハルマゲドン日米戦争】
太平洋戦争はアメリカに敗れはしましたが、空母に戦闘機を載せ、地球の面積の半分で戦った国は、日本とアメリカ以外にありません。

当時イギリスやドイツも空母は保有していませんでした。

もし天才マッカーサーが出なければ、 日本軍の首脳部が日露戦争のレベルだったら、日本は負けていなかったかも知れません。

【白人は不敗の半身ならずを証明】
イギリスの歴史学者であるトインビーが、20世紀日本人が残した最大の功績は、『白人が不敗の半神でないことを証明したことだ』と言ったのも頷けます。

事実日露戦争の日本の勝利によって100近い国々が独立を果たしました。

④【奇跡の高度成長の背景】

奇跡と言われた戦後の経済復興や高度成長も、こうした我が国の歴史的な背景や蓄積された技術や民族性があるからこそなのです。

日本は今も昔も世界有数の超大国なのです。

⑤【政策大転換で復活できる不死鳥日本】

この20年日本を弱体化させる誤った政策・法改正の連発により低迷をしていますが、政策を変えるだけでフェニックスのように簡単に復活する地力を持っています。

戦後の廃墟の中からの復活に比べれば何と恵まれていることか。

日本の国と民族に、自信と誇りと勇気を持とう。

【大久保利通が暗殺された日の朝に遺した書】~『為政清明』~

①【大久保の号・甲東】
かつて片山総務大臣室を訪問した時、総務大臣の真後ろに掲げてあった横書きの大きな書に、『甲東』とあるのを見た。
『甲東』は、明治の元勲大久保利通の号。
私は大久保利通の書を議員会館に飾っていたので、大久保の書と一目で分かった。

②【大久保が暗殺された日の書】
私が『大久保利通の書ですね?』と尋ねると、片山大臣が『この書は大久保利通が暗殺された日の朝に書かれたものです。大久保さんは初代内務卿なのでここにあります。』と(・o・)。

③【死を覚悟していた大久保】
大久保は、参議、今で言う総理大臣を受ける時に、大久保と同じ薩摩藩出身者の手による自らの不慮の死を覚悟していた。

参議を受けるに際し、大久保はアメリカにいる子供たちに、二度と会うことはできないだろうとの今生の別れ手紙を送っていたという。

明治の元勲たちは、正に命を懸けて政治をしていたのだ。

④それに比べて・・・・(((・・;)
彼我の差、エベレストより高く、日本海溝より深い(´д`|||)

【孫子を実践するのはベトナム人】


【元越戦争の図、杭が見えます】


【ホーチミンにある元を破った英雄・陳興道の像】

①【モンゴルを撃破】
その昔ベトナムはモンゴル帝国の侵攻を三度受けた。

1288年三度目の時、干潮の時に川の底に先の尖った電信柱のような太い丸太で作った杭を無数に設置。

敵の船を川に誘い込み、干潮になって敵船の船底を破り、400隻を沈めて大勝利したと言う。

歴史博物館には、この時の丸太の杭が再現されている。

②【三回目の元寇は中止に】
ベトナムには、『孫子を考えたのは中国人だが、孫子を実践するのはベトナム人だ。』との諺がある。

この勝利によりモンゴルの日本への三回目の侵攻がなくなったと言われている。

③【中国を撃退】
中越紛争の時も、中国の正規軍に国境警備隊だけで勝利したと言う。

④【フランス・アメリカも撃退】
ベトナムは、フランス・アメリカとのベトナム戦争終結まで、百年の間96年間も戦争をしていたと言う。

実戦に優る訓練無し。
強いはずだ。

アメリカが負けたのも頷ける。

⑤元寇といい、日露戦争といい、日本とベトナムは遠く離れていても不思議な縁があるようだ。

政策理念


【一億総中流の日本を復活させよう】~日本の衰退を止めよう~


①【異常事態にある日本】
~衰退の一途をたどる日本~

今日本はこの20年間全くGDPが伸びず経済成長をしないどころか、ますます経済が収縮・縮小し続けるという異常な事態にあります。国民の収入も20年間減り続けています。

これほど異常な事態にある国は、世界中で日本1ヵ国しかありません。

その結果、20年前日本の1.5倍だったアメリカのGDPは何と3.6倍にもなりました。
20年前僅か日本の8分の1だった中国のGDPは、日本の2倍にもなりました。

20年前人口一億人を超える国で世界一だった一人当たりのGDPは、今や27位まで転落。
先進30ヵ国で最低レベルの貧しい国になってしまいました。

②【日本の国力の源泉は平均収入世界一の旺盛な個人消費力に】
それでは、日本が20年以上衰退を続けている原因はどこにあるのでしょうか⁉

20年前日本は、人口一億人を超える国で一人当たりのGDPが世界一、一人当たり平均収入が世界一で、
一億総中流という世界中の国々が目指す夢の社会を実現しました。

正に日本の国力の源泉は、この一人当たりの平均収入世界一の国民の旺盛な個人消費力にありました。

これが人口はアメリカの半分、面積は26分の1にも関わらず、世界第二位のGDPを叩き出し、世界第二位の経済大国だった最大の要因でした。

しかし、この20年間に渡る政策ミスや間違った法律改正により、今や働く4割もが明日をも知れぬ年収200万円以下の契約社員になり、一人当たりのGDPは27位に転落。

アメリカ自体が日本の高度成長の最大の原動力は、終身雇用制と年功序列にあったと分析指摘していますが(日経社の日本経済入門参照)、これが小泉内閣による法改正により破壊されました。

日本は飛び抜けた金持ちはいないけれど、一人当たりの平均収入が世界一と言う一億総中流だったことが、国力の源泉であり、これが破壊されたことが、この20年間日本が衰退を続けた最大の原因なのです。

③【年金も福祉も崩壊】
働く4割もが年収200万円以下の契約社員になった
現状がこのまま続けば、年金も福祉も確実に崩壊します。

今年金を受けとっている方々は、自分の納めた5倍の年金を受け取っています。年金制度は後の世代が前の世代を支えている仕組みで成り立っていますが、年収が200万円以下の働く人達が4割にもなるととても支えることはできないのは自明の理です。

しかも契約社員の割合は更に増加しつつあります。

④【不景気と税収減を招くだけの消費増税】
衰退を続ける日本経済に更なる追い討ちをかけたのが安部総理が実施した8%への消費増税です。

国民の収入が減り続け、貧しくなり続ける中での消費増税は、GDPの65%を占める個人消費を直撃、実体経済が一気に収縮してしまいました。

過去竹下総理の消費増導入、橋本総理の消費増税時と同じように、反対に税収全体の減少を招くことは間違いありません。

特に今年に入っての世界的な株価の暴落と10円もの円高という巨大ハリケーンが金融の世界を襲い、世界的な景気後退懸念にある中で、来年4月の更なる消費税率10%への引き上げなど、正気の沙汰とは思えません。

⑤【貧富の差のない一億総中流の日本を復活させよう】
かつて田中角栄総理は、その著書の中で『日本民俗百年を切り開くエネルギーをいかに産み出すか?』その根源は家族の団欒と笑顔にあり、そのためには一家の大黒柱に職があること必要であり、そのために列島改造を訴えました。

今日本を再び明るく元気で強い日本に復活させるために、日本の国力の源泉である【貧富の格差のない一億総中流の日本を復活】させること、一人当たりのGDP世界一の日本を復活させることが、どうしても必要です。
そして、そのためには政策ミスを正し、間違った法律を改正することが必要です。

わたしは、この一億総中流の日本を復活させるために、捲土重来、4期目の国政を目指し6度目の衆議院総選挙に挑戦する決意をさせて頂きました。

皆様のお力と勇気をお貸し頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

プロフィール


小泉としあき
前衆議院議員
取手事務所
〒302-0004
茨城県取手市取手1-6-8
TEL:0297-70-5123
FAX:0297-73-1618